>

キシリトール成分が含まれている

余計な間食を控えよう

市販のガムには、キシリトールという成分が含まれていることが多いです。
この成分は歯を丈夫にしたり、歯の汚れを落としたりする効果があるのでマウスケアに繋がります。
さらに顎を動かすことで小顔効果を発揮できるので、メリットがたくさんあります。
ですから口寂しい時は、ガムを噛んでください。

中には間食として、いつもクッキーやチョコなどの甘いおやつ食べている人がいるでしょう。
しかしそれらを食べると口内環境が汚れてしまいますし、余計なカロリーも摂取するのであまりおすすめできません。
ダイエットをしている人も、ガムを噛むのがおすすめです。
小腹が空いた時にガムを噛むと満腹中枢が刺激され、食欲を軽減させる効果もあります。

人間関係の悪化に繋がる

口内環境を清潔にすることは虫歯や歯周病の予防だけでなく、口臭の予防にも繋がります。
食後にマウスケアをしないで放置すると、次第に口臭が悪化してしまうので気を付けてください。
口臭がひどくなると、周囲から距離を取られてしまいます。
人間関係が悪化する原因になるので、常にマウスケアを意識しましょう。

中には、口臭ケアができるガムも登場しています。
特に口臭が気になっている人は、そのようなガムを選択しましょう。
そして食後だけでなく、移動中などでもガムを噛むことをおすすめします。
ただ仕事中にガムを噛むと、周囲からマナーが悪いと思われる可能性があるので控えましょう。
職場でガムを噛むなら、休憩時間を狙うのが良い方法です。


この記事をシェアする